2012年9月29日 (土)

Camino (カミーノ)No.4 Word97-2003形式

Camino紀行記第4部、最終編です。Word97-2003バージョンに置き換えて、添付してアップロードいたします。

「camino_no.4 Word 97-2003.doc」をダウンロード

Camino (カミーノ)No.3 Word97-2003形式

Camino紀行記 第三部、Word97-2003バージョンを添付しております。

「camino_no.3 Word 97-2003.doc」をダウンロード

Camino (カミーノ)No.2 Word97-2003形式

Camino 紀行文第二部のWord97-2003バージョンを添付しております。

「camino_no.2 Word 97-2003.doc」をダウンロード

Camino (カミーノ) No.1 Word97-2003形式

添付して、掲載しました文書はWord2010で作成されたものですので、それ以前のバージョンのWordでは開かれないとの指摘を受けました。Word97-2003形式に置き換えて、再掲載いたします。

今回は、第一回分です。続いて、2~4回分を、Word97-2003に置き換えて、アップロードいたします。

「caminono.1 改定版 Word97-2003.doc」をダウンロード

2012年9月28日 (金)

Camino (カミーノ) No.4

スペイン巡礼の道 Camino (カミーノ)紀行記 No.4を添付しています。これで、この紀行記のアップロードは終わりです。

カミーノを歩こうとされる方に、お役に立てれば幸いです。又、海外の野山でトレッキングすることにご興味お持ちの方にも楽しんでいただければ幸いです。

「camino_no.4.docx」をダウンロード

Camino

Camino (カミーノ) No.3

スペイン巡礼の道 Camino (カミーノ)紀行記 第三部を添付しております。

「camino_no.3.docx」をダウンロード

2012年9月27日 (木)

Camino (カミーノ) No.2

スペイン巡礼の道 Camino (カミーノ)紀行の第2部です。

「camino_no.2.docx」をダウンロード

スペイン巡礼の道 Camino (カミーノ)

兵庫県西宮市の中ほど、六甲山系の東端に位置し、大阪平野を一望する、小高い山、甲山(かぶとやま)の麓より、いろいろ発信させていただきます。甲山は、お椀のような形をしており、その名が示す通り大きな甲・兜のような容姿をした標高309メートルの山です。

初めての発信は、スペインの巡礼の道、Camino(カミーノ)を歩いた紀行文です。Caminoを歩いてみようと思われる方に有益な知識や情報を満載し、私の経験や観察したことを日記風に書いております。スペインまで行くことが困難な方でも、巡礼の旅やトレッキングがお好きな方は興味を持たれるかもしれません。

もともと上梓しようと思って書いたものですが、自費で出版するよりは、HPやブログに掲載した方が、より多くのCaminoを目指される方の目に触れるのではと思い、ブログを立ち上げた次第です。(この”甲山の麓より”のブログでは、巡礼の旅以外のテーマも取り上げていきます。)

Camino(カミーノ)の紀行文は、4部に分かれております。最初は、”はじめに”から”第9章のSanto Domingo de la Calzada”までです。

「caminono.1 改定版.docx」をダウンロード

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ